女性

化粧品を変えるだけで 乾燥肌は改善できる!

プロビタミンの美白効果

スキンケア

冷蔵保存が基本

プロビタミンcとも呼ばれるビタミンc誘導体は、ビタミンcそのものではなく、肌に吸収されてから酵素の働きでビタミンcに変換される性質を持っています。ビタミンc誘導体にも多くの種類があり、化粧水に配合されているのは主に水溶性のビタミンc誘導体です。水溶性ビタミンc誘導体にはリン酸型、硫酸型、グルコシド型があります。リン酸型のビタミンc誘導体は、化粧水には最も多く配合されている成分のひとつで、皮膚から吸収されやすく効果も高いと言われています。ただし紫外線により分解されるので、冷蔵庫で保存するのが基本です。グルコシド型は安定性が高く常温で保存できますが、吸収されてもビタミンcには変換されにくく、効果が小さいとされています。

メラニンの沈着を抑える

ビタミンcは抗酸化作用が強く、メラニン色素の沈着を抑えたり、コラーゲンの生成を助けたりする働きがあります。しかし肌に直接つけると刺激が強く、また吸収されにくいのがデメリットです。そこで多くの美白化粧水では、ビタミンcをビタミンc誘導体の形にして、浸透力や安定性を高めています。ビタミンcは食事やサプリメントから摂取することもできます。しかし全部が肌に行くわけではなく、大部分は筋肉や内臓などで消費されてしまいます。ビタミンc誘導体配合の化粧水は、ダイレクトに美肌効果を発揮するため人気があります。なお敏感肌や乾燥肌の方は、ビタミンc誘導体の作用が強すぎる場合もあるので、保湿ケアやUVケアに気を配ることが大切です。